-->

3分クッキング:わけぎの菜めし・春菊の菜めし・キャベツの菜めし

晴れ今日の3分クッキング

レストランわけぎの菜めし・春菊の菜めし・キャベツの菜めし


わけぎ・春菊・キャベツの菜めし、少しのおかずで手抜きができる??
おにぎりにも生かせそう


るんるんお買い物メモるんるん 4人分

▼わけぎの菜めし(4人分)
米 2合
 わけぎ 1/2わ(150g)
 しょうが 1かけ
 塩 小さじ2/3


▼春菊の菜めし(4人分)
米 2合
 春菊 1わ(150g)
 塩 小さじ2/3
ごま油 大さじ1
炒り白ごま 大さじ1
黄菊 少々
●塩


▼キャベツの菜めし(4人分)
米 2合
 キャベツ 150〜200g
 塩 小さじ2/3
干し桜えび 10g
ごま油 大さじ1
●塩


ひらめき菜めし3種(わけぎの菜めし・春菊の菜めし・キャベツの菜めし)作り方ひらめき

1 わけぎの菜めし
  米は洗って炊飯器に入れ水を2合の目盛りまで加えて30分おき普通に炊く

  わけぎは斜め薄切りにし、しょうがはみじん切りにする

  以上に塩を加えて混ぜ、30分おく

  (1)に(2)を加え、さっくりと混ぜ合わせる

2 春菊の菜めし
  米は洗って炊飯器に入れ水を2合の目盛りまで加えて30分おき普通に炊く

  春菊は色よく塩ゆでし、水にとって冷まし、水気を絞ってみじん切りにする

  もう一度水気を絞ってほぐし、塩をふってよく混ぜる

  (1)に(2)の春菊、ごま油、炒り白ごまをふってさっくりと混ぜる

  器に盛り、黄菊の花びらをむしって散らす

3 キャベツの菜めし
  米は洗って炊飯器に入れ、水を2合の目盛りまで加えて30分おき、普通に炊く

  キャベツはしっかりめに塩ゆでし、みじん切りにして水気をしっかりと絞り、
   分量の塩を加えて混ぜる
 
  干し桜えびはフライパンに入れ弱火でパリッとなるまで空炒りする

  (1)に(2)のキャベツ、ごま油を加えて混ぜる
  
  器に盛り、桜えびを手でもみ砕いて散らす


目アドバイス目

共通ポイントは、野菜の水気をしっかり絞っておくこと
(水っぽいのはおいしくなrない)

塩の量の目安・・・米1合につき、塩小さじ1/2

キャベツは1分ほどよくゆでて甘みをひき出す

干し桜えびは空炒りをして香りを立たせる

わけぎは塩を加えて手でもみ、しんなりするまでしばらくおく

おべんとうやお結びの味代わりに、色変わりのバリエーションにどうぞ


かわいいいつも手軽でおいしいナイスな牧 弘美 先生の3分クッキングでしたぴかぴか(新しい)


3分クッキング:吹き寄せおこわ・菊花帆立の吸いもの椀

今日の3分クッキング

吹き寄せおこわ

電子レンジでできるさつまいもとぎんなんのおこわと
菊花帆立の吸いもの椀です

◇お買い物メモ◇ 4人分
吹き寄せおこわ
もち米 2合
さつま芋 100g
 水 1カップ
 酒 大さじ1
 みりん 大さじ1/2
 塩 小さじ1/2
小えび 12尾
ぎんなん 16粒
にんじん 1/2本
しめじ 1パック
 みりん 大さじ1
 淡口しょうゆ 小さじ1
 塩 小さじ1/4
 油 小さじ1/2
●塩

菊花帆立の吸いもの椀
帆立貝柱(刺身用) 4〜8個
 (塩、片栗粉各少々)
春菊 4茎
 だし汁(一番だし) 3カップ
 塩 小さじ1/2
 淡口しょうゆ 小さじ1
梅肉 少々


作り方
吹き寄せおこわ
1 もち米は洗ってたっぷりの水につけ、1時間以上おく

2 さつま芋はきれいに洗って皮ごと2cm角のさいの目に切り、
  水にさらしてアクを抜く

3 小えびは背ワタをとり、色が変わる程度に塩ゆでし、
  殻をむいて半分に切る

4 ぎんなんは殻を割り、
  ヒタヒタの湯の中で玉じゃくしの底で転がしながらゆで、
  水にとって薄皮をむく

5 にんじんは薄い輪切りにしてもみじ型で抜く
 しめじは石づきを切り、小房に分ける
6 (5)を耐熱皿に入れ、みりん、淡口しょうゆ、塩、油をふって軽く混ぜ、
ラップをかけ、
電子レンジ(500W)に約4分かけて火を通しておく

7 (1)の水気をしっかりときって耐熱ボウルに入れ、
分量の水、酒、みりん、塩を加えて軽く混ぜ、
上にさつま芋とぎんなんをのせる
ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(500W)に8分30秒かける

8 (7)をとり出して手早く全体を混ぜ、平らにならしてラップをかけ、
再び電子レンジ(500W)に8分30 秒かけ、
そのまま5分おいて蒸らす

9 (5)の汁気をきって(8)に加え、(3)のえびも加え、
切るようにしてさっくりと混ぜる


ポイントひらめき
ぎんなんの殻は尖っているところを挟み、丸いところを指でおさえてそっと殻を割る(つぶしてしまわないよう)

別に加熱したにんじんとしめじは、汁気を軽くきっておこわに混ぜる

作り方
菊花帆立の吸いもの椀
1 帆立貝柱は白い筋を除き、身の厚さの2/3まで格子状に切り込みを入れる
  塩をふり、切り口に片栗粉をていねいにまぶす

2 春菊は色よく塩ゆでし、冷水にとって冷まし、水気を絞る

3 鍋にだし汁を入れて中火にかけ、煮立ったら塩と淡口しょうゆで調味する
  (1)の帆立貝柱を切り口を下にして入れ、すぐに返してさっと火を通す

4 椀に帆立貝柱を盛り、春菊を添え、熱々の汁を張り、貝柱の中心に梅肉を落とす

ポイントひらめき
帆立を菊の花に見立てています
切れ目に片栗粉をきれいにまぶしておきます

帆立の代わりにいかでもよいでしょう


るんるんいつも手軽でおいしいナイスな牧 弘美 先生の3分クッキングでした

3分クッキング:五目れんこんごはん

五目れんこんごはん


秋の風味のかんたんきんぴら風混ぜごはんです


◇お買い物メモ◇ 4人分
米 2合
れんこん 1節(200g)
豚肉(切り落とし) 150g
生椎茸 5〜6枚(100g)
さやいんげん 50g
 だし汁 大さじ4
 酒 大さじ2
 みりん 大さじ1
 砂糖(三温糖またはきび砂糖) 大さじ1/2
 しょうゆ 大さじ2
●油、ごま油


五目れんこんごはんの作り方

1. 米は洗って普通に水加減し、30分以上おいてから炊く

2. れんこんは皮をむき、1.5cm角のさいの目に切り、水にさらしてアク抜きし、水気をきる
   生椎茸は軸を切りとり、1.5cm角に切る
   さやいんげんは1.5cm長さに切る

3. 豚肉は一口大に切る

4. フライパンに油、ごま油各大さじ1/2を熱し、豚肉を中火で炒める
   肉の色が変わったられんこんを加えてよく炒め、生椎茸を加えてさらによく炒める

5. (4)にだし汁、酒、みりん、砂糖、しょうゆを加え、さやいんげんも加える
   ふたをして火を弱め、汁気が少なくなるまで、ときどき混ぜながら煮る

6. (1)の炊き上がりに(5)を汁ごと加え、さっくりと混ぜ合わせる


ポイントひらめき

具の煮つめ具合が一番大切!煮汁が多いとリゾット状態に・・・

汁がやっと残る程度になるまで煮詰める

必ずごはんが温かいところに混ぜること

具にはほかににんじんなどが入ってもキレイ


るんるんいつも手軽でおいしいナイスな3分クッキングです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。