-->

安心のために乳がん検診

昨年、母にがんが発見されました。

初期だったにも関わらず、母と家族の辛さと不安、治療のための身体的・経済的負担を嫌と言うほど知らされました。


早速、私もさまざまながん検診を受けましたが、乳がんについては、自分である程度調べられると聞いていたので、受けませんでした。


自分でたまに触ってチェックしてみて、大丈夫だろうと勝手に判断していましたが、何しろ実際に乳がんにさわったことがありません。

けれども、徐々に、こんなチェックの方法でいいのだろうかと疑問に思い始め、思い切って乳がん検診を受けてみました。

乳腺科

乳がん検診


大丈夫だろうと思ってはいましたが、触診が終わって「大丈夫ですね」のお医者様の声を頂戴して、ほっとしました。

続いて受けたマンモグラフィーの結果も「異常なし」。

しかも、うわさに聞いたほど痛くありませんでした。(私、集めてBカップですあせあせ(飛び散る汗)


乳がん検診を終え、乳がんの専門家と最新の検査機器から太鼓判をいただいて、とにかく安心できました。
夫も喜んでくれました。

乳腺外科


乳がんは何年もかけて発症するそうですが、素人が触ってもわからない位の早い発見。
これが家族で安心して生きてゆくために必要なことだと、つくづく思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。